ワキがクリームおすすめ 男性

ワキガ対策のクリームを選ぶポイントは複数あります。その1つは消臭力です。
そもそもクリームを使用する目的は、臭いの解消です。せっかくクリームを使っても、臭いが消えてくれないのは困りますから、消臭力がある製品かどうかを確認して選んでみると良いでしょう。
それと殺菌力です。そもそもワキガの原因は、雑菌類なのです。汗をかいた場所の周辺にある雑菌類が増えるので、気になる臭いが生じる訳ですから、殺菌力があるクリームかどうかも軽視できません。
そして、その効力の持続力です。短時間で効力が消えてしまうクリームではなく、長続きする製品を選ぶと良いでしょう。
持ち運びやすさも軽視できません。外出先でクリームを使う機会もあるでしょう。やはりクリームは、持ち運びしやすいに越した事はないのです。
そして保湿成分です。肌から分泌される皮脂も、臭いの原因になります。皮脂が分泌されるかどうかは、肌の潤い次第ですから、保湿成分が入っているクリームがおすすめです。

 

 

デオドラントクリームには、市販品と通販で買える製品の2種類があります。前者の市販のワキガクリームのメリットは、販売価格です。通販のクリームと比べると、比較的安く買える傾向があります。
逆に市販のワキガクリームのデメリットは、やや効果が弱い点です。製品によっては肌荒れする可能性があるのも、デメリットの1つです。
通販のワキガクリームのデメリットですが、値段がやや高い点があげられます。逆に通販のワキガクリームのメリットは、消臭効果と持続力です。市販品よりは、効果が強い製品が多いです。また全体的に肌にやさしい製品が目立ちます。たとえデリケートな肌の方々でも、安心して使用できるクリームも多数販売されています。
それと通販で買えるクリームは、制汗力も特徴的です。市販の製品と比べると、汗を抑えてくれる力が比較的強いです。もちろんワキガの臭いの強さは、汗の分泌量に左右されます。つまり通販のクリームの方が、臭いが抑制される効果も強めなのです。

 

 

ドラッグストアなどで買えるデオドラントクリームの効果が弱い理由は、主に規制です。薬店では、あまり効果が強い製品を販売する事はできません。副作用などを含めて、様々なトラブルが起こり得るからです。ドラッグストアで買えるクリームは無難なのですが、若干効果が弱いデメリットはあります。
そしてクリームのメーカーとしても、効果がマイルドな製品を作るよう心がけているのです。副作用などが生じづらいクリームを使っている事が多く、臭い解消の効果が限定されてしまう傾向があります。

 

 

男性と女性は、わきがの臭いはそれほど変わりません。男女のわきがの臭いに違いはない訳ですが、実際には臭いが異なるように感じられる事があります。
そもそも臭いには、様々な要素が関わってきます。臭いの正体はワキの周辺に生息している雑菌類ですが、人それぞれ菌も異なるのです。菌が異なれば、臭いも異なってきます。
更に食べたものによって違いはあるのです。つい最近食べた物も、脇の下からの臭いに影響を及ぼします。

 

 

男性と女性のワキガの人数を比べると、女性の方がワキガ率は高いです。女性は皮脂の分泌量が多いですし、男性と比べると脂肪が多いです。また女性の方がアポクリン腺の数が多いですし、男性よりはワキガ率が高めになります。